【サーチコンソール】平均掲載順位を下げる方法を解説

※2021/08/23更新

悩む人

サーチコンソールの「平均掲載順位」を下げたい!

この記事では、こんな悩みを解決できます。

記事をいくら作成しても、サーチコンソールの平均掲載順位が下がらず悩んでいる人が数多くいます。

筆者も記事の量産はしていましたが、特に平均掲載順位には触れずにここまできてしまいました。

この記事の結論

平均掲載順位を下げるのはかなり難しい

それこそ、今まで書いてきた記事を削除しないと上がらない場合もあるのです。

しかし、記事を削除しなくても平均掲載順位を下げる方法はあります。
(※特に思い入れのない記事は削除することをオススメします。)

この記事を読めば

記事を読むメリット

  • 平均掲載順位についての知識や見方がわかる
  • 平均掲載順位を下げる方法がわかる

それでは、さっそく解説していきます。

平均掲載順位とは?

Business people working and setting company target. Planning, management, strategy concept. Vector illustration can be used for topics like business, finance, targeting

平均掲載順位の詳細は、サーチコンソールで既に解説されています。

パフォーマンス レポートに表示される掲載順位値は、検索結果内のプロパティまたはページへのリンクに付与される最上位の掲載順位であり、そのプロパティが表示されるすべてのクエリでの平均です。

1.クエリ 1 から返されたプロパティの掲載順位が 2 位、4 位、6 位の場合、その掲載順位は 2 位(最上位の掲載順位)としてカウントされます。

2.クエリ 2 から返されたプロパティの掲載順位が 3 位、5 位、9 位の場合、その掲載順位は 3 位(最上位の掲載順位)としてカウントされます。

3.2 つのクエリの平均掲載順位は (2 + 3)/2 = 2.5 となります。

引用元:Search Console ヘルプ

簡単に言うと、検索エンジンで検索された文(クエリ)が表示された順位の平均と思ってもらえばいいです。

takablog
サチコ

平均掲載順位は、検索エンジンによって変化します。

レポートでは、平均掲載順位が5位でも実際に検索表示された順位が9位なんてこともあります。それはPCからの検索、モバイルからの検索によって変動するので順位は確定しません。なので、掲載順位値が何を意味するかは状況によって変化するため、数字だけを見て判断すべきものではありません。

あくまで参考の数値にすぎません。
正確な掲載順位を知りたいならば、ランクトラッカーなどの専用ソフトがおすすめです。

あまり重要視している人はいませんが、平均掲載順位が上がるだけで、クリック数・表示回数も上がります。

理由は、上位に表示されているサイトは必然的にクリックされ、検索結果で上位に表示されれば必ず最初の表示画面に表示されるからです。

驚く人
  • 全く記事をクリックしてもらえない
  • 表示回数がなかなか上がらない

そんな人は、平均掲載順位を改善すれば治る可能性があります。

平均掲載順位の見方

まずは、自分のサーチコンソールの画面を開いてください。

開けたら「検索パフォーマンス」を開いてください。

すると、下のような画面が表示されます。

平均掲載順位にクリックがついていない場合は、クリックを押すと上のような画面が開けます。

下へスクロールすると、クエリと平均掲載順位が表示されています。

takablog
サチコ

まずは、赤枠の掲載順位欄で自分が改善したいクエリをクリックしてください。

すると、クエリ単体の情報が表示されます。

takablog
サチコ

合計クリック数が1なのに合計表示回数は369です。

このように、クリック数は少ないが表示回数が多い場合はタイトルを改善する必要があります。

逆に、表示回数の方が少なければ記事内に問題があります。

クリック数と表示回数がある程度比例していないと、平均掲載順位はあがる傾向にあります。

ここまでのまとめ

  • 平均掲載順位はあくまで参考の数値でしかない
  • 平均掲載順位が上がると、クリック数・表示回数も比例して上がる
  • クリック数が少ないとき、タイトルに問題がある
  • 表示回数が少ないとき、記事の内容に問題がある

平均掲載順位を下げる方法

平均掲載順位の簡単な説明が終わったので、いよいよ本命に移ります。

平均掲載順位を下げる方法は、次の通りです。

  • 記事をnoindexにする
  • 記事を削除する
  • 不要なメタキーワードを削除する
  • 記事をリライトする
  • 質の悪い記事を量産しない

この5つです。

それでは上から順に解説していきます。

記事をnoindexにする

まず1つ目は、記事をnoindex(ノーインデックス)にすることで、順位を下げます。

noindexとは、Googleクローラーに「この記事を見ないで!」と巡回を拒むことです。

つまり、Googleに記事をインデックスしないよう申請するということです。

noindex 例
noindex 例

しかし、これだけでは平均掲載順位は下がりません。

noindexが完了したら、サーチコンソールでも設定をしなくてはいけません。
(※次の見出しで解説)

記事を削除する

先ほどの見出しの続きで、記事をnoindexするところまで完了しました。
(※記事編集画面からnoindexにすることができます)

記事を削除するために、まずはサーチコンソールの画面を開きましょう。

開けたら、インデックス→削除で下の画面を開きましょう。

takablog
サチコ

上の画面が開けたら、右上の「新しいリクエスト」をクリックして先ほどnoindexした記事URLを貼り付けます。

このURLのみを削除にチェックを入れましょう。

takablog
サチコ

記事URLの貼り付けが完了したら、「次へ」をクリックして完了です。

しかし、まだこの時点では「削除のリクエスト」をしただけです。

認証されたら、ステータスに「一時的に削除されました」と表示がされます。

takablog
サチコ

noindexしてから記事をサーチコンソールで削除すると、インデックス登録されていた記事を完全にサチコから削除することができます。

不要なメタキーワードを削除する

不要なメタキーワードとは、自分が決めたタイトル以外の関連キーワードのことを指します。

関連性の低いメタキーワードを設定してしまうと、平均掲載順位が上がる可能性があります。

2021/08/23現在、メタキーワードはSEO的にも重要視されていないので特に設定する必要はありません。

しかし、設定したい場合は、タイトルに関連するキーワードで5つ以内に収めましょう。

記事をリライトする

先に言っておくと、記事のリライト(修正)で平均掲載順位が下がるとは限りません。

しかし、記事のリライト後に検索順位が上がれば、必然的に平均掲載順位は確実に下がります。

なので、記事をリライトして検索順位を上げて検索順位が低いクエリを変更すれば、平均掲載順位は修正されます。

質の悪い記事を量産しない

質の悪い記事を量産し続けると

  • SEO的にも悪く、上位検索表示されない
  • 自分が求めていないクエリが表示され、平均掲載順位が上がる

といったように悪いことしかありません。

雑記ブログを書いている人が主に当てはまります。
しかし、雑記ブログが悪いと言ってるわけではありません。

なにげなく適当な記事を書くことはNGです。

平均掲載順位を上げたいのであれば、質の良い記事を量産していきましょう。

徐々に平均掲載順位が上がってきている

この記事を書いた日(2021/08/23)は

上の画像のように平均掲載順位が46位だったのが

現在2021/08/23では

なんと、今回紹介したことを実践した結果43.5位に上がっていました。

  • 2021/06/2→46位
  • 2021/08/23→43.5位

このような結果になりました。

これからも順位が上がると思うので、追記していきたいと思います。

平均掲載順位を上げる方法を解説まとめ

Computer and monitor of graphic animator creating video game, modeling motion, processing video file, using professional editor. Vector illustration for graphic design, art, designer workplace concept

今回は、サーチコンソールの平均掲載順位を上げる方法について解説しました。

放っておけば、ブログを継続しても伸びなくなる可能性があります。

ある程度記事が増えたら、平均掲載順位にも重点を置きましょう。

ブログの成長スピードが格段に上がります。

↓その他のサーチコンソールに関する記事

関連記事
Googleサーチコンソール
【即解決】サーチコンソールでnoindexタグのエラーの対処法【実体験込み】

続きを見る

© 2021 takablog