【即解決】サーチコンソールでnoindexタグのエラーの対処法【実体験込み】

Googleサーチコンソール

突然、Googleからサーチコンソールエラー送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と通知がきました。


筆者も最初はどうやって対処したら良いのか分からず戸惑っていましたが、すぐに解決しました。


実は、WordPress内で解決する事ができます。


ガバレッジのインデックスを確認するとエラーになっている箇所が「~/sitemap.html」と表示されていますが、いったいどんなエラーなのでしょうか。今回はエラーの原因と修正方法を説明します。


サーチコンソールで発生しているnoindexエラーを3分で改善することができるため、ぜひ最後までご覧ください。

サーチコンソールのindex、noindexタグとは?

サーチコンソール

まずは、indexとnoindexについて簡単に説明します。


indexとは、検索エンジンにサイトの情報が登録されることを言います。サイトが検索結果に表示されるためには、検索エンジンにインデックスされる必要があります。


noindexとは、検索エンジンにインデックスされない状態のことです。つまり、検索エンジンに情報が伝わっていないので検索結果に表示されることはありません。


すなわち、noindexのときはいくら記事を更新しても自分から認知しないで!と言っているのと同じなので、一向に検索順位が上がらないのです。評価も上がりません。


筆者はつい最近まで、気づかぬうちにサイト全体をnoindexに設定していたので、評価が一向に上がらないのをおかしく思い調べてみたところ、そうなっていました。


初心者ブロガーさんに多いことなので、「評価が上がらないなぁ」と思った人は、サイト全体をnoindexにしている可能性大です。

なぜインデックスとnoindexが存在する理由

パソコン

サイトを作成したら、どのページもindexされることが望ましいわけではありません。


例えば、自分が必要ではないと感じる記事をindexしたらその記事は誰にも「得する」記事ではない=読まれない記事になるので評価が下がります。


検索エンジンにとって質が低いと判断されるページは意図的にnoindexに設定しておいた方がいいのです。なぜなら、質の低いページがあるとサイト全体の検索順位を下げてしまうかもしれないからです。HTMLサイトマップや管理画面、重複ページなどがそれにあたります。


そのため、検索エンジンにindexされたくないページはnoindexに設定しておきましょう。

noindexになっているか調べる時はカバレッジを確認する

サーチコンソール カバレッジ

上が「カバレッジ」の画面になります。


サーチコンソールのトップ画面から「カバレッジ」を選択すると、上の画面のように表示されます。

カバレッジのステータス詳細

ガバレッジには、4つのステータスがあります。それぞれ説明します。

ステータス

  • エラー:インデックスされていないページ
  • 有効(警告あり):インデックスされているが、注意しておくページがある
  • 有効:インデックスに登録されているページ
  • 除外:インデックスされていないが、重複ページなど正常に対処されているページ(意図的に除外されたページであり、正規ページがインデックスされているということなので問題がないページ)

エラーの詳細を確認する

カバレッジの画面から下にスクロールすると、下の画面があります。

サーチコンソール noindex

エラーの詳細を確認するには、エラーと書かれている行をクリックします。


すると、下のような画面が出てきます。

サーチコンソール

サイト自体noindexにしている人は「~/sitemap.html」と表示されています。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラー表示される原因

パソコン

Google XML sitemapsで作成されたサイトマップは、インデックスされるためにサーチコンソールへと送信されます。


しかし、インデックスされないようにするためのタグであるnoindexが含まれているページが送信されていることが原因でサーチコンソールにエラーが表示されていました。


筆者の場合は、カテゴリー、引用タグをnoindexに設定しているのでそのエラーが出ていますが、自分で意図的に設定しているので問題ありません。


そうでない人は、「noindexに設定されているページが本当にそれで大丈夫なのか、それともインデックスする必要があるのか」を判断して自分で設定しなおす必要があるということです。

noindexエラーは必ず改善しなくても良い場合もある

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーは、サイト運営者にインデックスされていないページが有ることを知らせてくれている状態です。


そのため、故意にnoindexしている場合でも『送信されたurlにnoindexタグが追加されています』というエラーは発生します。先ほども言った通り、noindexとなっている原因が自分でわかっている場合は改善しなくてOKです。


上記で説明した通り、HTMLサイトマップはインデックスされなくてよいページです。


すでにnoindexに設定されているので、エラーとして表示されていることが気にならなければすぐに修正しないでも問題ありません。


しかし、きちんと解消したい場合はサイトマップに「sitemap.html」を含めないように修正しておきましょう。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の修正方法

パソコン

修正の仕方はいくつかあります。

修正方法

  • Google XML sitemap
  • プラグイン
  • WordPressテーマの機能

 

簡単にまとめると、この3つです。


それでは、一つ一つ紹介していきます。

Google XML sitemapでの修正方法

送信されたurlにnoindexタグが追加されています」が発生した場合は、Google XML sitemapが原因となっている可能性が高いです。


まずは、WordPressの管理画面「設定」→「XML-Sitemap」を選択して設定画面を開きます。

XML-Sitemap

赤く囲んである「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外してください。


設定の更新をすれば修正完了です。

サーチコンソールからエラーの修正を検証する

再び、サーチコンソールに戻り「ガバレッジ」→詳細に表示されている「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」をクリックし、下の画像のように表示されている「修正を検証」をクリックします。

サーチコンソール noindexタグ

検証が開始されるので、エラーが修正されるまで数日待ちます。遅い人は数週間かかる場合もあるので気長に待ちましょう。


修正の検証開始時と終了時にメールが届きます。検証終了の通知が来れば、サーチコンソールエラーが解消されているか必ず確認しましょう。


検証終了の通知が来て、合格していれば、下のようなメールが届きます。

サーチコンソール noindexタグ


筆者の場合は1週間くらいかかりました。


早い人だと3日以内に結果が届くみたいです。


ここまでの内容を実践していただければ、『送信されたURLにnoindexタグが追加されています』というエラーは解消できます。


noindexタグは故意に設定した場合は気にしなくても良いのですが、自分が意図していない場合は必ず修正しないと機会損失に繋がるので、十分注意して扱うようにしましょう。


テーマの機能でnoindexになっている場合

WordPressテーマの標準機能で、noindexとなっている場合もあります。


当サイトで使用しているAFFINGER5を例にすると、記事の投稿画面にindex変更が可能です。




その他のWordPressテーマでも記事別にnoindex設定ができる部分があると思います。


そのため、ここまで紹介した2つの方法で改善できなかった場合は、WordPressテーマ自体の設定を確認してみてください。

プラグインが原因になっている場合【All in one SEO Pack編】

All in one SEO Packのnoindex設定を確認していきましょう。


All in one SEO Packの設定画面を開いたら、noindex設定中の『NOINDEXをデフォルトにする』部分に注目してください。

All in one SEO Pack

noindex確認項目

  • 投稿
  • 固定ページ
  • メディア・添付ファイル
  • Embed Response
  • ユーザーリクエスト
  • ブロック
  • 商品リンク

上記の項目でコンタクトフォーム以外にチェックが入っていると、noindex扱いとなりサーチコンソールでエラーが発生します。


そのため、コンタクトフォームはnoindexとしてチェックを入れ、それ以外の項目はチェックを外した状態で保存すると『送信されたURLにnoindexタグが追加されています』が解決されます。


All in one SEO Packを導入している人は試してみてください!

© 2021 takablog