【ロリポップ!】403エラーでページが開けなくなる対処法【1分で解決】

403エラー

この記事は

  • ロリポップを契約していてwordpressを使用している
  • ページを開こうとしたら403エラーが表示されて開けない

こんな人向けの記事になります。

WordPressを使用していて、ロリポップユーザーの皆さん。
ページを開こうとしたら、下のようなページが表示されて、ページを開けないことがありませんか?

403エラー
403エラー


403エラー

「不正なパラメーターが送信されたため、アクセスをブロックしました。対処法については、こちらをご確認ください。」


この403エラー画面はロリポップユーザーに多く表示されるみたいです。

筆者もロリポップを契約しているので、WordPressの設定を変更しようとしたらこのような画面が出てきてとても焦りました。

悩む人
  • そもそも403エラーってなに?
  • 403エラーが表示する原因は?


403エラーのことを知らなかったり、エラー表示される原因を知らないとこれから対処できない可能性があります。

なので、この記事では403エラーのこと、エラー表示される原因も合わせて解説します。

結論を言うと、403エラー表示は、簡単に解決することができます。
初心者さんにもわかりやすいように図解付きで解説していくので、安心して読んでいってください。

本記事の内容

  • 403エラーとは?
  • 403エラーの原因
  • 403エラーの対処法

上から順に解説していきます。
目次で興味のある見出しをクリックすると、その見出しまで飛べるので是非活用してください。


403エラーとは?

403エラー
403エラー


そもそも、403エラーってなに?という人もいるかと思います。

403エラーとは、HTTPステータスコードの1つで、ページが存在していても特定のアクセス者にページを表示する権限が付与されず、アクセスが拒否されること。


もっと簡単に言えば、存在するページに移動しようとしても、そのページのセキュリティが強固なので、開けないイメージです。

403エラーとは?
403エラーの説明

エラーページなので、悪い印象を与えがちですが、良いこともあります。
それは、ウィルスの侵入や悪質な訪問者などのアクセスを防ぐこともできます。
※詳しくは、次の見出しで解説


ロリポップユーザーが403エラー表示される原因

エラー
エラーページ

ロリポップユーザーが403エラー表示される原因は1つしかありません。

WAF設定でセキュリティを強化しているから

この理由1つしかありません。

WAFとは?

WAFとは、ウェブアプリケーションファイアウォールの略で、設定状況を「有効」にすることによりウェブアプリケーションのやりとりにおける不正侵入を防ぐことができます。

この「WAF」という設定をロリポップでは推奨しているので、初期設定では「有効」になっています。

WordPressで設定を変更しようと思ったら、403エラーページが表示されるのは、このWAFが原因なのです。




【1分で解決】403エラー表示の対処法

error
Designed by pch.vector / Freepik



403エラー表示を出さないようにする方法は、非常に簡単なので、一緒にやってみましょう。

まずは、ロリポップにログインして、ホーム画面を開いてください。
ログインが終えると下のような画面表示になる。

ロリポップ!
ロリポップ!


まずは、上の画像と同じ画面を表示させてください。

その次に、左のバーから「セキュリティ」を選択して、「WAF設定」をクリックしてください。

ロリポップ!
ロリポップ!



開けたら下のような画像のように表示されます。

ロリポップ!
ロリポップ!


赤枠で囲まれている中に

  • 設定状態→有効
  • 設定方法→無効にする

こんな設定になっているかと思います。

この設定を

  • 設定状態→無効
  • 設定方法→有効にする

このように表示されるように変更してください。
※それぞれクリックされると変更できます。

設定が完了したら、下のような表示になります。

ロリポップ!
ロリポップ!


設定が完了したら、5〜10分待ちます。
時間が経ったら、今まで403エラーで開けなかったページを開いてみてください。

以上が403エラー表示の対処法になります。

注意ポイント

WordPressの設定が完了したら、WAF設定を変更する前の状態に戻してください。
そうしないと、セキュリティが強化されていない状態になるので、悪質なユーザーにアクセスされたりウィルスに感染する可能性が高くなります。

WordPressを使用していて、ロリポップを契約しているユーザーは少しめんどくさいですが、この操作が必須になります。


ロリポップのWAF効果は絶大!


403エラーは悪いことばかりではないと先ほど言いましたが、他にはどんなメリットがあるか知ってますか?

それは、アドセンス狩りの被害に遭いにくいことです。
もちろん、WAF設定だけではセキュリティ面で不安なので、WordPressでプラグインを追加してさらにセキュリティを強化することができます。

実際、筆者はブログを始めてもう少しで8ヶ月、 アドセンス審査に合格してから8ヶ月経過しますが、一度も アドセンス狩りの被害に遭ったことがありません。

アドセンス狩りとは

アドセンスを利用している人に対して、その人のアドセンス広告を何回もクリックして、アドセンス広告にペナルティを与えることを目的としている悪質なユーザー


Twitterでも最近、アドセンス狩りの被害に遭っている人が増えています。

このツイートを見るかぎり、WordPressのプラグインだけではセキュリティ面で甘いようです。

なので、セキュリティ面で最強なのは

ロリポップ+プラグインがセキュリティ最強

アドセンス狩りの被害に遭いたくない!という人は、ロリポップがとてもおすすめです。



»ロリポップ!公式ページ


403エラーでページが開けなくなる対処法まとめ

Designed by pch.vector / Freepik


今回は、ロリポップユーザーが403エラー表示になる原因と対処法について解説しました。

403エラーが原因で、WordPressのデザインが変更できなくて苦しんでいたと思いますが、この記事を参考にすれば全て解決です。

すぐに解決できるのでこれを機に好きなだけWordPressの設定を変更しちゃいましょう。

© 2021 takablog