アドセンスの自動広告で収益とクリック率は上がる?実際に使用してみた結果

アドセンス

Googleアドセンスを日頃から使用されている人はご存知かと思いますが、アドセンスには自動広告という機能があります。


2018年2月に導入された機能ですが、実際にどのくらいの効果があるか気になる方も多いかと思います。


ネット上では、自動広告を使った方が収益やクリック率がよくなると言った記事も目にします。実際に当ブログでも、アドセンスを掲載しており自動広告で設置していた時期もありました。しかし、現在は自動広告をオンにしていません。


結論から言いますと、アドセンスの自動広告はオフにしといた方が良いです。ではなぜ自動広告をオフにしといた方がいいのか、詳しくは本記事で説明しています。是非最後まで読んで参考にしてください!また、自動広告をオフにした理由を体験談にして紹介しています。


本記事では、Googleアドセンスの自動広告設定方法や導入すると収益はアップするのかなどを調べていきたいと思います。

アドセンスの自動広告とは?

パソコン

そもそも、自動広告とは、その名の通り自動で広告を設置してくれるアドセンスの機能です。ページ内容をGoogleが自動で判定し広告を設置してくれます。


ンテンツを収益化するためのシンプルで革新的な方法を提供する広告フォーマットという事です。自動的に広告が表示されるという事で、すでに手動で広告を掲載している場合は、広告が2重になる心配があります。


自動広告は、すでに広告がある場所には表示されずに空きスペースがある場所にのみ広告が配置されるので、既存の広告ユニットを削除する必要はありません。


しかし、勝手に広告が表示されてしまうので使い勝手は悪いです。初心者ブロガーさんで広告をどこに配置していいか分からない人向けの機能です。

アドセンスの自動広告で表示される広告の種類

パソコン

Google アドセンスの自動広告の種類は6種類設定可能です。そこで、どのような広告があるのか1つずつ調べていきたいと思います。


自動広告で設置される広告フォーマットは以下の通りです。

ページ内広告

  • テキスト・ディスプレイ広告
  • 記事内広告
  • インフィード広告
  • 関連コンテンツ(モバイルのみ)

オーバーレイ広告

  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告(モバイルのみ)

ざっとこんな感じです。それでは一つ一つ紹介していきます。

 

テキスト・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、いわゆるバナー広告の事で、画像が表示されます。


対してテキスト広告とは、その名の通りテキストが広告になったのもです。


ディスプレイ広告はどこにでも掲載できるような超万能な広告になっており、利用者も一番多い広告の種類です。

広告の形も「スクエア」「横長」「縦長」の3つのタイプがあり、設置する場所によって様々な形に変更もできるので、汎用性も高いです。


ディスプレイ広告のスクエアタイプの表示が下の画像です↓

アドセンス広告

記事内広告

記事内広告とは、ページ内の段差と段差の間に表示されるネイティブ広告です。広告を文章内に溶け込ませる事により、パッと見て自然な感じ広告を表示する広告です。


ディスプレイ広告よりも違和感を感じられないような設置ができますが、ほぼディスプレイ広告だと思っても大丈夫です!

記事内のディスプレイ広告という感じです。


パソコンの場合は違和感なく表示されますが、スマホの場合はかなり大きく表示されるのが特徴です。


ちなみに、下のような画像の広告です。

アドセンス広告

インフィード広告

インフィード広告とは、サイトのコンテンツに自然に溶け込むように設計されています。トップページの記事一覧の間に表示されてまるで記事に溶け込んで表示されるため、閲覧者に邪魔になることはありません。


主にコンテンツ内の関連記事やおすすめ記事などのフィードと呼ばれる部分の挿入される広告です。


関連記事などに主に使用されます。下のような広告です。

上下に関連記事などの情報が記載されていて、間に広告が表示されます。


しかし、記事を最後まで読んでもらえないと関連記事にたどり着かないので広告が表示される前にページから離れられ、表示されないというデメリットもあります。

関連コンテンツ(モバイルのみ)

ブログの関連記事の間に忍ばせる広告ですね、現在ではスマホ専用のコンテンツになります。


実は、アドセンスの関連コンテンツに関しては、アドセンスを申し込めば誰でも掲載できる訳ではありません。


アドセンスの審査に合格しているサイトで、ある一定の条件を満たしたサイトのみが関連コンテンツを掲載することができます。


その条件は以下の通りです。

関連コンテンツ表示の条件

  • トラフィック量
  • ページ数

の2点がGoogleの基準に達したときに、関連コンテンツを掲載できるようになります。

トラフィック量とは、通信回線上で一定時間内に転送されるデータ量のことを指します。
つまり、サイトで言うところの「アクセス数」になります。

ページ数はそのまま、「ページの数」ですね。なので、初心者ブロガーさんは最初関連コンテンツの広告が使用できません。


かなりハードルが高い広告となるので初心者ブロガーさんはまず、関連コンテンツ広告を使用できるよう目指しましょう。


ちなみに、広告は下の画像です。

アドセンス広告

アンカー広告

こちらはオーバーレイ広告になります。ページの最上部か最下部に重なるように表示される広告です。こちらの広告はモバイル専用で、閲覧者が閉じたり削除が可能になります。


この広告は閲覧者側からしたらかなり邪魔になるので設定は外した方がいいでしょう。


ちなみに、広告は以下の画像です。

アドセンス広告

モバイル全画面広告(モバイルのみ)

モバイル全面広告という名の通り、スマホの全画面に表示される広告です。こちらの広告も閲覧者からウザがられている広告の一つです。


なぜなら、先へ進むには広告を閉じなければいけないのです。この広告が原因で記事を読もうとしたがページから離れてしまう人が多いです。それでアドセンスの単価が下がってしまうこともあるので、表示している人は注意が必要です。


モバイル全画面広告は、2020年11月3日からパソコン等画面が大きい端末でも表示されるようになります。今までモバイル全画面広告は、その名の通りスマホなどのモバイル端末だけで表示されていました。


広告は下の画像です。

上でも説明しましたが、見たい記事があってそれを押したらこの画面が確率で表示されます。


自分でもうざいなと感じる人は表示させないよう設定することをおすすめします。

アドセンス自動広告のメリットは?

メリットは以下の通りです。

自動広告のメリット

  • 配置の検証が必要ない
  • 自動で広告を表示してくれるのでサイト運営に集中できる
  • ボタン一つで設定できるので設置が簡単


簡単にまとめるとこの3つです。それでは一つ一つ紹介していきます。

配置の検証が必要ない

自動広告は、Googleの機械学習機能を使用しています。なので、タグを設置してしまえば、あとは自動で最適な配置などを検証して随時広告の配置場所を変更してくれます。


手動で設置する場合は、自身でデータを確認して配置場所を検討する必要があるので、その手間を省けます。いつも自分でアドセンスコードを貼り付ける作業が減り、手間がかからなくなります。

自動で広告を表示してくれるのでサイト運営に集中できる

アドセンス広告の設置や配置の検証に時間を取れらないため、その分サイトのコンテンツ作成などに集中することができます。


特にサイトを作成したばかりのときは、まずはコンテンツを作成してサイトの内容を充実させることが必要です。
なので、他のことに無駄な時間を取られないことは大きなメリットと言えます。


なのでまだ記事数が少ない初心者ブロガーさんからしたら設定して損はありません。

ボタン一つで設定できるので設置が簡単

自動広告のタグを埋め込むだけで、様々な場所に広告を配置してくれるので、設置が非常に簡単です。今ではタグも埋め込まなくても自分のアドセンスページから設定できるので、より簡単に設置をすることが可能になりました。


文字数が5,000文字にも及ぶ記事では、1,000文字ごとに広告を貼れば収益は上がると予想できましたが、いちいち手動で広告を貼るのは面倒ですね。


しかし、いちいち1つずつ広告ユニットを作成しなくていいのでその分の手間は省けます。特に、アドセンスを始めたばかりという人は、広告ユニットを作るのがかなり大変かと思います。


どうやって広告ユニットを作っていいいか分からないという場合でも、とりあえず自動広告のタグを設置しておけば、サイトにアドセンス広告を設置することができます。

アドセンス自動広告のデメリットは?

落ち込んでる

メリットがあれば必ずデメリットもあります。


デメリットは以下の通りです。

自動広告のデメリット

  • 配置場所が微妙
  • サイトのデザインが壊れる
  • 広告の表示が多くなり制限される可能性も

筆者が感じたデメリットは2つでした。

配置場所が微妙

配置場所が微妙過ぎて、自分が考えられない場所にも自動広告が表示されます。


例えば、サイドバーにアドセンス広告が表示されていて更にコンテンツ中にも表示されてしまうことがあります。


サイドバーにアドセンス広告が表示されている場合、それが見える位置のときにコンテンツ中にも表示されるのは、目に入る広告のが多くなり広告を鬱陶しく感じてしまいます。


ユーザーが広告を鬱陶しく感じることで、広告がクリックされないばかりか記事から離脱してしまう可能性も高まってしまいます。


ユーザビリティを考えた場合、配置場所をしっかりと調節することが必要なります。なので、微妙な位置に広告が出てくることは大きなデメリットに感じました。


しっかりと自分が配置したいところに広告が表示される方が気持ちいいと思うので筆者は設定をオフにしています。

サイトのデザインが壊れる

全く意図していなところにもアドセンス広告が表示されてしまうため、サイトのデザインが崩れてしまう場合があります。自分のサイトのデザインが気に入っている人にとってはかなりジョッキングなことです。


記事だけでなくサイト全体位に広告が表示されるので頑張って設定したデザインも簡単に崩れてしまいます。


また、リストやコメントの中にも表示されてしまうため、デザイン的にかなりの違和感があります。また段落でなくても、文字の間を広めに取った場合でも、そこに自動広告が表示されることがあるので、記事を読んでいつユーザーにとってはストレスに感じるみたいです。(実際にそういわれたことがあります。)

広告の表示が多くなり制限される可能性も

元々アドセンスの広告は1ページ内に3記事が上限でした。


しかし、2016年8月に上限がなくなり、コンテンツの量に見合う数ならいくつでも広告を設置できるようになりました。


自動広告の場合は、Googleがコンテンツを自動で判断して、アドセンス広告を設置してくれます。しかし、広告の数がかなりの数になってしまうので、広告感が強くなってしまいます。


当ブログのアドセンス広告も、自動広告で配信した場合より、手動で配置した方がクリック率が良くなっています。
そうなると、広告の数だけ増えて収益が減ってしまうということにもなりかねません。


また、広告の表示数が多くなるほど、クリック単価が低くなる傾向があります。


実際に筆者も一記事に広告を配置し過ぎて広告の制限をされた経験があります。次に自動広告を辞めた理由と体験談を一緒に紹介します。

【体験談】アドセンス自動広告の使用をやめた理由とは?

パソコン

上でも説明しましたが、2016年8月に上限がなくなり、コンテンツの量に見合う数ならいくつでも広告を設置できるようになりました。


しかし、以前の当ブログでは、自動広告+手動で広告を配置していたので、極端に広告数が多かったのです。


それが原因か分かりませんが広告を表示できる数が減り、制限をされてしまいました。コンテンツの量に見合わないと判断されたのでしょう。


驚いたのが、コメント欄にも自動広告が掲載されていました。


ましてや文字数が多い記事に広告が何個も配置されていたら不自然だなと制限されて記事を巡回していることに気づきました。


こういう体験をしてから、今では1記事に1~2個しか配置していません。たくさん配置しているのに全くクリックされなかったら評価が下がり、クリック単価が落ちてしまう原因になります。


他サイトの記事によっては自動広告をおすすめしているところもありますが、当ブログでは一旦アドセンス自動広告の使用を見送って手動設置のみで掲載することにしました。

まとめ

今回は、アドセンスの自動広告について、実例を基に検証結果などをお伝えしました。

今回の内容をまとめまると、

まとめ

  • アドセンス自動広告はGoogleが様々なデータを基に自動で設置してくれる
  • 今回の検証結果ではあまり有効ではないことが分かった
  • 導入する場合はメリット・デメリットを考慮する必要がある

簡単にまとめると、この3つです。


自動広告をオンにすることでメリットはたくさんありますが、それにともなうデメリットが大きいです。


ネット上では、アドセンス自動広告を使用することで、収益のアップに繋がるという情報が多くありました。


しかし、今回使ってみて当ブログでは、そこまで有効的ではないことが分かりました。アドセンスを制限されたので痛感しています。


最も問題だと感じるのは、掲載される場所だと思います。


有効的とも思えず、デザイン的にも悪くなってしまう場所に表示されるので可能であれば手動でデザインにこだわっている人は自動広告はオフにすることをおすすめします。


ブログの見映えが悪かったら訪問者も減ってしましますからね。


しかし、アドセンスが全く分からない初心者の方や知識の少ない方であれば、自動広告は非常に有効かもしれません。


自動広告をオンにするのであれば、手動で配置した広告を削除することをおすすめします。筆者のように制限されてしまったら元もこうもありませんからね。


結論、自動広告を使う時は気を付けましょう!

© 2021 takablog