【Googleアナリティクス】自分のアクセスを除外してカウントしない方法を画像付きで解説

Google Analytics




Googleアナリティクスを使い始めた方の中には、「Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するにはどうすればいいの?」このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外すれば、より正確なアクセスデータが取得できるようになります。


Googleアナリティクスを利用してサイトのアクセス分析を行う際、注意すべきは特定IPアドレスからのアクセスデータの扱いです。


ここでいう特定IPとは、サイトを管理・運用する側を指し、サイトを管理する会社や、開発会社などのパートナーの拠点IPがそれにあたります。


この特定IPを除外することで、正確に「見込み客」となるユーザーのアクセス状況がわかるようになります。


その方法や理由がよくわからない!という方に向けて、この記事では、細かく丁寧に解説していきます。

アナリティクスで自分のアクセスを除外するべき理由

Googleアナリティクス

実はGoogleアナリティクスを利用してサイトのアクセス分析を行う際、注意すべきは特定IPアドレスからのアクセスデータの扱いとなってしまいます。


そのため、アナリティクスで特定IPを除外すべき理由は、アクセス解析において無駄なトラフィックデータを除外するためです。ここでいう特定IPとは、サイトを管理・運用する側を指し、サイトを管理する会社や、開発会社などのパートナーの拠点IPがそれにあたります。


サイトの管理側のアクセスは意外に膨大なものになります。日常の何気ないサイトチェック、ページや機能の本番反映を確認するためのテスト、サイトの計測タグを追加した際の計測チェックなど、サイトの管理・運用のための関係者のアクセスは意外と多いのです。また、コンバージョンが伴うテスト・確認をする場面もあるのではないでしょうか。


もし特定IPを除外しなければ、こうした「内部」アクセスやコンバージョンが実際の数字としてアナリティクスに上がってきてしまいます。こうした数字は実際のサイト運用にはまったく関係がない「無駄」な数字です。除外せずに集計対象とすれば、サイトの現状はおろか改善点も見えにくくなり、マーケティング上マイナスでしかありません。


アクセス数が小さければ小さいサイトほど、こうした内部アクセスの影響を受けやすくなる(数字のインパクトが大きくなる)ため、除外作業が必要になります。


なので、この特定IPを除外することで正確に「見込み客」となるユーザーのアクセス状況がわかるようになります。


自分や自社PCからのアクセスをカウントから除外して正しい数値を把握し、自社サイトがどのような運営戦略を行うべきか、よりクリアにしましょう。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するメリット・デメリット

パソコン

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外するメリットとデメリットに関して、ここではそれぞれ詳しく説明します。


運営サイトの設定を行う際にはメリットだけではなく、デメリットに関してもしっかりと把握した上で操作を行わないと、思わぬトラブルを引き起こしかねないので注意が必要です。

メリット

  • 自分のアクセスを除外することで、正しい分析データが取得できる
  • より良いサイトの施策が打てるようになる
  • 比較的設定は簡単なので、サイト運営初心者の方でも気軽に取り組める

ユーザーデータを正確に取るためにも、Googleアナリティクスの自分のアクセスを除外するのは必須です。


より正確な数値がわかれば必要な施策もポイントを狭めて行うことができるでしょう。

デメリット

  • 設定を間違えると思わぬトラブルになりかねない

デメリットはこれくらいしかありませんね。


Googleアナリティクスの自分のアクセスを除外する方法の中にはWebサイトのコードを編集して設定する方法もあるので、その点で間違った設定をしてしまうとエラーが発生し、元に戻すのが困難になってしまうケースもありますので注意しましょう。


しかし、その設定を間違えなければ自分のIPアドレスを除外してマイナスな点が見つからないので、まだ設定していない人は下で画像付きで丁寧に解説しているので、必ず設定するようにしましょう。

Googleアナリティクス で自分のアクセスを除外する際の注意点

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する際の注意点としては、IPアドレスで除外を行うとスマホの場合はIPアドレスがPCとは異なるため、除外できない場合があることです。


それでは、詳しく解説していきます。

自分のスマホではIPアドレスが常に変わるので除外できない

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法の中で、スマホやタブレットに対応していない方法は以下の通りです。

スマホやタブレットに対応していない方法

  • IPアドレスを指定して除外する方法
  • Cookie保存とフィルタ機能を使う方法


上の2つの方法で設定をしている人は、追加でスマホやタブレットの設定も行う必要があります。

スマホのIPアドレスを除外する方法

自分のスマホのIPアドレスを除外する方法は、端末がiOSかAndroidで違ったアプリを使用します。

スマホでIPアドレスを除外する方法

  • iOSは「AdFilter」を使用する
  • Andoridは「Sleipnir Mobile」を使用する

アプリケーションをインストールすれば、それぞれ簡単に除外設定できます。iOSとAndroidでは使用できるアプリが異なるので注意してください。


かなり簡単に説明しましたが、以上がスマホでのIPアドレスを除外する方法です。

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法

Googleアナリティクス

いつ、どの時間にどのページが見られているのか、正確なアクセス分析を行うことは、今後のサイト経営指針を固めるうえで大切な要素です。


ところが、自社社員や自分からのアクセスも数字にカウントされてしまうと、正確な数値把握ができず、自社サイトの強みも弱みもぼやけてしまいます。


とくにアクセス数に伸び悩むサイトほど、わずかなアクセス数で情報が左右されてしまうため注意が必要です。多くの企業・サイト運営者が取り入れているGoogleアナリティクスで、自身や関係者の流入アクセスを除外する2つの方法をご紹介します。

IPアドレスが変わったら設定の変更が必要

IPアドレスをフィルタにかける設定は、IPアドレスが変更されるたびに設定内容の変更が必要です。わかりやすく説明すると、IPアドレスが変わるタイミングは、ルーターの電源をオンオフした時です。


インターネットに繋がりにくい、ルーターが繋がらない。と感じたら、ルーターの電源を付け直すこともあるでしょう。「あれ?一回設定したはずなのにまた自分のアドレスが反応している、?」と感じます。その際にはGoogleアナリティクスの設定変更も実は必要になるんです。


しかし契約プロバイダで「固定IPアドレスサービス」を設定している場合は、IPアドレスはルーターを付け替えても変更されないので、フィルタ設定もそのままで問題ありません。

フィルタ機能を使ってIPアドレスを設定する

2つ目の自分の流入アクセス除外方法は、Googleアナリティクスのフィルタ機能を使ったものです。自分と自社PCのグローバルIPアドレスをフィルタ機能にかけ、アクセス数カウントから省きます。この方法が一番確実に自分のIPアドレスを除外できる方法で、筆者もおすすめしています。


ちなみに、IPアドレスとは、よく「インターネットにおける使用しているパソコンの住所」などと説明されるものです。IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがありますが、今回のアクセス除外設定では、グローバルIPアドレスを使用します。


GoogleアナリティクスにおけるIPアドレスのフィルターをかける手順は、まず、除外したいIPアドレスを調べることから始まります。確認の仕方はOSによって異なるので、「〇〇(OS名)、IPアドレス 確認方法」で検索をかけるか、IP確認ができるサービスを提供しているサイトへアクセスをしてください。下にURLを載せておきます。

自分のIPアドレス確認ができるサービスサイト:CMAN

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外する手順

パソコン

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外する手順は、以下の通りになります。

自分のIPアドレスを除外する手順

  • Googleアナリティクス画面にある、歯車マークの「設定」をクリック
  • 「すべてのフィルタ」を選択
  • 「フィルタを追加」を選択
  • フィルタ情報を入力
  • フィルタ名=任意の名前を入れる。「アクセス除外」などがわかりやすくおすすめ
  • フィルタの種類 = 「カスタム」と「除外」を選択
  • フィルタフィールド = 「IPアドレス」を選択
  • フィルタパターン = 正規表現したIPアドレスを入力

 


これだとわかりづらい!という人もいると思うので、画像付きで解説していきます。


まず最初に、自分のアナリティクスページを開いてください。開くと下の画面になると思います。

Googleアナリティクス

開くと、赤く囲んである「管理」ボタンをクリックしてください。


すると、下の画面になると思います。

Googleアナリティクス

次に「フィルタ」をクリックしてください。


すると、下の画面になります。

Googleアナリティクス

上の画面になったら、「フィルタを追加」をクリックします。筆者は既に自分のIPアドレスを除外しているので表示されているだけです。


まだ除外していない人はなにも表示されていません。「フィルタを追加」をクリックすると、下の画面が表示されます。

Googleアナリティクス

「ビューにフィルターを適用する方法を選択」の欄は、「新しいフィルタを作成」のままでOKです。


フィルタ情報の「フィルタ名」は、自分が分かりやすいように名前を付けましょう。なんでも大丈夫です。ちなみに筆者は「自分のアクセス除外」という名前にしてあります。


フィルタの種類は、「定義済み」を選択しましょう。「フィルタの種類を選択」をクリックすると、「除外」という欄が出てくるのでそれを選択します。


次に「参照元かリンク先を選択します」をクリックすると、「IPアドレスからのトラフィック」という欄があるのでそれを選択します。すると下に「IPアドレス」という欄が表示されます。そこにはさっき紹介した「CMAN」に自分のIPアドレスが表示されますので、それをコピーしてきて、IPアドレスの欄に貼り付けます。


次に「式を選択します」をクリックすると、「等しい」という欄があるので、それを選択してください。


選択し終わったら、一番下の「保存」を押して設定完了です。

除外ができているか確認する方法

Googleアナリティクス

確認にはGoogleアナリティクスの「リアルタイム」機能を用いてください。


リアルタイム機能は、今現在、サイトで誰がどのような行動をとっているか確認できるツールです。アクセス除去カウントの有無をチェックする手順を、ご紹介します。

確認する手順

  • はじめに、一般ユーザーがアクセスできないページをサーバーに作成し、アクセスする
  • アクセス後、レポート画面の「レポート」→「リアルタイム」→「行動」をクリック
  • 表示されたURLに、先ほど作成したの「一般ユーザーがアクセスできないページ」が表示されていたら設定失敗、なければ成功

自身のチェックはすぐにできますが、他デバイスからのチェックの場合、それぞれを作成した「一般ユーザーがアクセスできないページ」に繋げなくてはいけません。メールなどで各自一時的なアクセスを申請し、確認を行ってください。

まとめ

Googleアナリティクのアクセス解析は、サイト運営において重要視すべき存在です。正確な数字を導かなくては、運営努力も正しい成果を見せず、CV達成が遠のくばかりです。「やった!たくさん自分のサイトに来てくれてる!」と思ってもそれが自分だったというケースは珍しくありません。


正確な統計を取得するのはこれから先ブログを運営していく上でとても重要なことになってきますので、是非この記事を参考にして正確な情報を常に入手しましょう。

© 2021 takablog