アドセンス ブログ運営

【2022年版】アドセンスが急に表示されなくなった時の原因と対処法

2021年3月9日

なにもしていないのに、急にアドセンス広告が表示されなくなった。

正直言ってビビりますよね。

僕もアドセンスが急に表示されなくなったときは、かなり焦りました。でも、安心してください。

この記事を読むメリット

  • アドセンスが急に表示されなくなった原因が分かる
  • その対処法が分かる

この記事の内容

  • アドセンス狩りにあった場合の対処法
  • 文字数が少ない記事にアドセンス広告を貼り付けていた【体験談】
  • アナリティクスとアドセンスを連結させる方法
  • 制限は3日以内で解除されました【実体験】
  • この記事のまとめ

この記事を書いた人

takablog
takablog

この記事を書いてる僕は、どこにでもいるブロガー。ブログ月収56万。月6桁が安定してきたので現在は引きこもりながら仕事しています。

Twitter:(@takablog5867)

アドセンスが急に表示されなくなった原因

アドセンスが急に表示されなくなった原因は大きく分けて2つになります。

2つの原因

  • アドセンス狩りにあった
  • 文字数が少ない記事に何個もアドセンス広告を貼り付けている

上記のとおり。ちなみに、アドセンス広告の制限を受けると下のような画像の警告がされます。

上のツイートは、実際に筆者がアドセンスの制限を受けた時の画像です。

この通知を確認する方法は

確認方法

  • GoogleAdSenseへログイン
  • アカウントをクリック
  • ポリシーセンターをクリック

そうすると、下の画像が出てきます。

GoogleAdSense

「問題は検出されませんでした」と表示されれば、特に問題はありません。

しかし、さっきの筆者のツイートのように警告されていたら早急に対処する必要があります。まずは、原因について解説していきます。

アドセンス狩りにあった場合の対処法

Google

最近のWordPressでは、システム強化、プラグインの導入により、アドセンス狩りの被害にもあわなくなっていますが可能性が無いわけではありません。

実際にTwitterの方で「アドセンス狩り」と検索してみると

などなど。最近でもアドセンス狩りの被害にあっている人はまだまだいます。

では、アドセンス狩りの被害にあっているか確認の仕方を紹介します。

アドセンス狩りにあっているかの確認方法

  • アナリティクスへログイン
  • ユーザーをクリック
  • 地域をクリック
  • 続けて、地域をクリック

すると、下のような画像が表示されます。

アナリティクス

GoogleAdSenseとアナリティクスを連携させていたら、赤枠の通り「AdSense」という項目が追加されています。

ここで注意してほしいのが、アドセンスとアナリティクスを連携していないと追加されていないので注意しましょう。

連結の方法は後程紹介します。「AdSense」という項目をクリックすると、以下のような項目が追加されています。

アナリティクス

この画面が表示されたら、制限された日から一ヵ月単位で遡って確認しましょう。

例えば、3月9日にアドセンスが背右舷されているのを確認したら、2/9日~3/9日を確認していきましょう。

さらに詳細をみたいのであれば、「国」から「市区町村」に変更しましょう。こうすることによりアドセンス狩りの細かな場所が特定できます。

アドセンス狩りにあっていたら、「AdSenseのCTR」の値が異常なまでに高くなっています。

(※1000%以上を超えてることがほとんどです。)

問題を報告する

アドセンス狩りが原因で広告が制限されたのならば、Googleの無効なクリックの連絡フォームにて、必要情報を入力し、報告しましょう。

»Google連絡フォームはこちら

開くと下の画像が表示されます。

無効なクリックの連絡フォーム

アドセンス狩りにあった証拠として、アナリティクスのデータをスクリーンショットかSinppingToolで切り取ってGoogleドライブにアップロードします。

Googleドライブで右クリック→リンクを知っている全員→リンクをコピーをクリックすると、アップロードしたURLを取得することができます。後は、Googleからの連絡待ちになります。

ここまでが「アドセンス狩り」にあった場合の原因と対処法でした。

»アドセンス広告を消したらPV数が倍に上がった3つの理由と根拠

アドセンス広告を消したらPV数が倍に上がった3つの理由と根拠

続きを見る

文字数が少ない記事に複数アドセンス広告を貼り付けていた【体験談】

Google

実は、アドセンス狩りよりもこっちの方が原因で制限を受けることが多いです。ちなみに、僕はこっちが原因で制限を受けました。

「文字数が少ない記事」の正確な基準は分かりませんが、僕がおもうに

文字数が少ない記事

  • 文字数が2000文字以内
  • 1つの記事に広告が3つ以上
  • 訪問者の少ない記事

上記のとおり。この3つ全てに当てはまるような記事を書いている人は要注意です。

下手にアドセンス広告を乱用すると、ペナルティを受ける原因になります。ペナルティを受けると広告を貼れなくなる可能性が高いので注意が必要です。

たか

すでに制限を受けているときの対処法

作業は至って簡単で、上に当てはまる項目すべてに当てはまる記事の広告を削除しましょう。ただ、全て削除する必要はありません。1つにしておきましょう。

広告を削除し終えたら、サマリーにURL登録を上書きしてインデックスを早めにしてもらいましょう。

記事数が2000文字いかない場合は、あまり広告を貼らないことをおすすめします。

»アドセンス審査を通過しても広告を貼らない方が良い3つの理由【ブログ初心者必読】

アドセンス審査を通過しても広告を貼らない方が良い3つの理由【ブログ初心者必読】

続きを見る

アナリティクスとアドセンスを連結させる方法

Google

連結させる方法はとても簡単なので、まだ連結しておらず、アドセンス狩りにあっているか確認できない人は、図解通りに操作していきましょう。

まず初めに、アナリティクスにログインしトップページを開きます。次に、「管理」をクリックし、下へスクロールすると、次の画像が表示されます。

アナリティクス

赤で囲んである「AdSenseのリンク設定」をクリックすると、下の画像が表示されます。

アナリティクス

この画面が表示されたら、オレンジの部分の「新しいADSENSEリンク」をクリックして自分のアドセンスIDをペーストして貼り付けましょう。

貼り付けたら、「続行」をクリックして、連結完了です。

上の画像のように「AdSense」が表示されるには時間がかかりますので、少し待ちましょう。

»【AdSense】広告クローラーのエラーメッセージが出た原因と対処法

【アドセンス】広告クローラーのエラーメッセージが出た原因と対処法

続きを見る

制限は3日以内で解除されました【実体験】

グラフ

筆者の場合は、アドセンス狩りが原因では無かったので、記事をすぐさま修正して制限が解除されるのを待ちました。すると、記事を修正した二日後には制限が解除され、広告がすべての記事に表示されるようになりました。

解除されるまでは、他のサイトの広告が表示されていなかったので解除されたときは、とても分かりやすかったです。

アドセンスへログインし、ポリシーを確認してみたところ、「異常は無し」に変更されていたので、当時は修正して早々に制限が解除されたので、とてもホッとしました。

»アドセンスの自動広告で収益とクリック率は上がる?実際に使用してみた結果

【アドセンス】自動広告で収益とクリック率は上がるのか実際に使用してみた結果

続きを見る

まとめ:文字数が少ない記事に注意

今回の記事をまとめると

  • 文字数が少ない記事→広告を1つにする
  • 広告が制限された→対策し放っておけば修正される

上記のとおり。急にアドセンス広告が表示されなくなったときは、かなり焦るかと思いますが、この記事を参考にし、対処すればOKです。

また、僕自身アドセンス広告を貼るのはあまりおすすめしていません。その理由なんかも下の関連記事にて解説しています。気になる方はのぞいてみてください。

アドセンス関連記事

  • この記事を書いた人

たか

副業で稼ぎたくブログを始める▶︎全く伸びず1ヶ月で挫折▶︎ショックで目の前真っ暗▶︎manablogさんの動画を見てブログ再開▶︎ブログを猛勉強▶︎ ブログ最高月収56万▶︎コツコツと継続し総合収益300万達成▶︎『役立つ情報』をモットーに情報発信中。普段はTwitterにいます。

-アドセンス, ブログ運営
-,

© 2022 takablog