【超初心者向け】ブログのネタ切れを起こさない方法【超簡単です】

takablog
驚く人

ブログネタが思いつかなくてこれ以上記事を書くことができない



こういうことに陥る初心者ブロガーの人がたくさんいると思います。


結論から言いますと、この記事を読むことにより、ブログのネタ探しに困ることが無くなります。


無料ツールを使用して今回紹介しますが、知っている人は大半だと思いますが、知らないブロガーさんもいると思うので是非この記事を参考にしていただければなと思います。


筆者もブログネタが思いつかない時は、今回紹介するツールを使って情報収集しています。使用しなくても、お気に入りに登録しておくだけでも後々便利になったりもします。







ブログのネタ切れを起こさない方法

PC



なぜ、ブログネタがなくなると思いますか?


それは、その分野についてあまり理解していないからです。


「どういうこと?」と思うかもしれませんが、


例えば、稼げるカテゴリーだからという理由で自分があまり詳しくないことを記事にしても続かないと思います。


早々と記事ネタがなくなる原因がこれです。特化サイトは稼げる!と世間では言われているので、ブログを始めたばかりの人がいきなり特化サイトを作ってしまい、失敗するというケースです。


ブログを始めたばかりの頃は、記事を書くのに慣れるという意味も込めて、自分の好きなことを記事にした方が良いです。


いきなり特化サイトを作ってしまうと、ブログの楽しさがあまりわからず挫折してしまう原因になります。なので、初心者ブロガーの人は好きなことを記事にしましょう。




自分の好きなことを記事にしてもネタ切れになる時



いくら自分の好きなことを記事にして行っても、ネタ切れになる時が来ると思います。


そういうときは、特化ジャンルを作りましょう。


初心者のうちは、自分が書きたいこと&特化したジャンルの記事を書いていけば、ネタ切れになることは少ないです。


記事を書いていくうちに、自分がどんなことについて書きたいかわかってきます。例えば、ブログで記事を書いていくうちに気づいたこと、疑問に思ったことがあると思います。それをネットで検索して解決しますよね。


それが解決できたら、どうやって解決したのかがわかったので記事のネタにできます。ブログのことを記事にしていきたいのであれば、黙々と記事を書いていくのではなく、どうやって解決したのか、なぜ疑問になったのかの「過程」を自分なりに解決する必要があります。


たまに、自分であまりしたないことだけど、人の役に立つから他の記事をコピーしちゃえ。と考える人がいると思いますが、それはGoogleからコピーコンテンツとしてみなされてしまい、サイトの評価が下がる原因にもなるので、参考にするのは良いかともいますが、コピー&ペーストはNGです。


特化したジャンルの記事を書きたいのであれば、まず自分がそのジャンルにおいて専門性を高める必要があります。


あわせて読む






ネタ切れではなくてもどんな記事を書けばいいかわからないとき



ネタがあっても、どんなキーワードをメインにして記事を書けばいいかわからないときがあります。


そういう時は、「無料ツール」を利用して、どんなキーワードで検索されているのか知りましょう。


キーワード検索をすれば、自分が書けそうなキーワードがわかりますし、ネタ切れを起こすことも無くなります。


それでは、早速そのネタ切れがなくなる最強の無料ツールを紹介します。




ネタ切れを起こさない最強ツール【ラッコキーワード】

ラッコキーワード



今回紹介する最強のツール「ラッコキーワード」です。


このラッコキーワードは、自分が記事のネタにしたいキーワードを検索欄に入力して、関連キーワードを表示させるツールです。


例えば、下の画像のように「ブログ」と検索します。

ラッコキーワード



すると、上の画像のようになります。


「ブログのサジェストとそのサジェスト」が基本的に多く検索されていて、収益が見込めるキーワードになります。


こういうふうに「ブログ」で検索したら関連キーワードを表示してくれます。なのでネタに困る必要が無くなります。


使い方もシンプルで、ただ検索するだけです。


ブログ始めたばかりの人は知らないと思うので、「どんな記事を書いたらいいんだろう」、「ネタがない」となった時はラッコキーワードのような無料検索ツールを利用することで対処できます。

<<ラッコキーワードはこちら




まとめ


今回はブログのネタ切れを起こさないようにするための対処法、無料ツールを紹介しました。


ブログ初心者だと、どんな記事を書けばいいかわからなくなることは珍しくないので、自分がキーワードにしたいワードがどうやって検索されているのかを知るのは、ツールを使わないと難しいです。


全く検索されていないワードの記事を書いても誰もみにきてくれません。


ただ書くのではなく、集客も見込みたいのであれば、ツールを使って記事を書いていくようにしましょう。


そうすることにより、どんなキーワードのニーズがわかるようになり、集客が見込める記事を書くことが可能です。

© 2021 takablog