アドセンス

【アドセンス】関連コンテンツ廃止になりMultiple広告へ【初心者ブロガー歓喜】

2022年3月3日

Google AdSenseに新しく表示された『Multiple広告』ってどんな広告なの?

具体的な利用方法、メリットデメリットなどを詳しく知りたい。

この記事では、上記のような悩みを解決できます。

この記事の信頼性

takablog
takablog

この記事を書いてる僕は、フリーランスブロガー。ブログ月収26万。月6桁が安定してきたのでフリーランスとして独立。現在は引きこもりながら仕事しています。

Twitter:(@takablog5867)

本記事の内容

  • Multiple広告とは?
  • 関連コンテンツとは?
  • ブログ初心者が必ずMultiple広告を掲載すべき理由
  • Multiple広告のメリットデメリット
  • この記事のまとめ

こんな感じで進めていきます。

特にブログ初心者の方は、ぜひ最後まで読んでいってください。

アドセンスの新たな広告『Multiple広告』とは?

まずはじめに、Multiple広告がどういったものなのか簡単に解説していきます。

Multiple広告とは?

Multiple広告
Multiple広告

関連コンテンツとは違い、8枠全てに広告が表示される。
自分のブログジャンルに合わせて広告を表示することはなく、広告の種類はページ更新のたびにランダムで決定する。

こんなかんじ。
簡単にいうと、関連コンテンツの劣化版です。

2022年3月から利用可能に

Multiple広告は、2022年3月から関連コンテンツの代わりとして新たに配信された広告です。

アドセンス審査を通過したブロガー全員が利用できるため、アドセンスでの収益化がより簡易的になりました。

まだ自分のブログテーマが定まっていないブログ初心者にとってはかなり優秀な広告です。

たか

廃止された広告『関連コンテンツ』とは?

つづいて、関連コンテンツについて簡単に解説します。

関連コンテンツとは?

関連コンテンツ
関連コンテンツ

関連記事の中にアドセンス広告を複数表示させる。
広告は手動で調節可能なので、関連記事、アドセンス広告の両方を読者に宣伝することができる。
Multiple広告とは違い、8枠全て広告になるわけではないので、離脱率を下げることができ、回遊率を上げることができる。

こんなかんじ。
ブロガーならば誰もがあこがれる最強のアドセンス広告です。

関連コンテンツを掲載できる条件

  • トラフィック量:10,000pv/月
  • ページ数:100記事くらい

最低でも上記の条件が必須になるので、アドセンス広告の中でも群を抜いて難易度が高いです。

Googleが関連コンテンツを廃止した理由

Googleが関連コンテンツを廃止した理由を下記のように語っています。

関連コンテンツは当初、サイトに訪れたユーザーにサイトの他のコンテンツを宣伝するレコメンデーションサービスとしてはじまり、コンテンツへのリンクの横に広告を表示するオプションも含まれていました。

関連コンテンツを宣伝するサービスの利用回数が減ったことに加え、広告専用の関連コンテンツ広告フォーマットでユーザーの肯定的なフィードバックとパフォーマンスの成果を得られたことから、このサービスのサポートを終了し、既存のすべての関連コンテンツユニットを広告表示のみに変更することにしました。これは、[広告で収益化]オプションがオフになっている関連コンテンツユニットにも適用されます。

引用元:Google AdSense ヘルプ

要約すると、関連コンテンツ広告を利用している利用者・出稿できる広告が減ったのに対し、関連コンテンツの広告をクリックするユーザーの割合が多いため、アドセンス審査に通過した人ならば誰でも広告オンリーの関連コンテンツを利用可能にしたってかんじです。

もっと分かりやすく解説

Google神の考えもわかりますが、関連記事が挿入できなくなったのはかなり痛手ですね。

Multiple広告と関連記事を表示させてしまうと見栄えが悪くなり、読者ファーストではなくなってしまうので、Multiple広告を使用するときは、関連記事を非表示にして記事内に内部リンクを挿入するしか現段階では対処法はなさそうです。

たか

» 最速でアドセンス審査を通過する方法

【超簡単】最速でアドセンス審査を通過する方法【ブログ初心者必読】

続きを見る

ブログ初心者が必ずMultiple広告を掲載すべき理由

ブログ初心者が必ずMultiple広告を掲載すべき理由は、次のとおり。

掲載するべき理由

  • 他の広告よりも収益化しやすい
  • コンテンツが定まってないので掲載しても問題ない

大きく分けると上記2つ。

くわしく解説していきます。

①:他の広告よりも収益化しやすい

現在(2022/3/1)アドセンス広告では、Multiple広告の他に

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 検索エンジン広告

上記4つが掲載可能になっています。
上の4つの広告は、1つの広告を掲載すると1種類しか掲載されません。
(※それが当たり前)

Multiple広告は、1つの広告を掲載するだけで4×2の枠で8広告表示され、広告の種類も豊富です。

読者の目を引くような広告が多いので、収益UPにつながります。

②:コンテンツが定まってないので掲載しても問題ない

ブログをある程度継続すると、記事数も増えていくので広告の種類にも気をつかうようになってきます。

自サイトに関連性の低い広告が掲載されていたら『自分が求めてる記事ではない』と読者は感じでしまい、離脱率が高くなるので広告をサイトに掲載しないブロガーが増えています。

たか

しかし、ブログ初心者の場合は例外です。

ブログ初心者のうちはまだ記事数も少なく、サイト内のコンテンツが豊富ではないので、広告が目に止まりやすくなります。

» SNSからの流入でアドセンス広告がクリックされない根本的な原因と対処法

Multiple広告のメリットデメリット

いままで解説した内容をもとにすると、Multiple広告のメリットデメリットは次のとおり。

メリット

  • 収益化がしやすい
  • 読者の目に止まりやすい
  • クリックされやすい

デメリット

  • 離脱率が上がる
  • 回遊率が下がる
  • 関連記事を挿入できない

ザッと上記のとおり。

それなりに継続しているブロガーからすると、『扱いづらい』。
ブログ初心者からしたら収益化しやすい神広告。

まだ配信されたばかりの広告なので、今後どんな広告になっていくのか楽しみです。

掲載方法が変わる可能性もあるので、こまめなチェックを忘れずに。

たか

» 確実にクリックされるアドセンス広告の種類と配置を解説

【収益2倍】確実にクリックされるアドセンス広告の種類と配置を解説

続きを見る

まとめ

今回はGoogleAdSenseの新たな広告『Multiple広告』について内容を進めました。

正直、僕は優秀な広告だと思います。

なぜなら、関連記事のクリック率ってそんなに高くないからです。
関連ある記事なら、内部リンクを貼っておけばOKです。

最後まで記事を読んでくれた人は、自分の悩みを解決できたと思うのでサイトから離脱することを考えますが、そこに目に付く広告があると気まぐれにクリックしてくれます。

重要なのは『目の引く広告を目の付くところに配置する』こと。
そういった面で、Multiple広告は収益化の面では最適かなと思います。

関連記事

-アドセンス
-, , ,

© 2022 takablog